都道府県別で宿を探す

ペット商品ランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ペットと楽しく旅行するために...

旅先でも普段のマナーを実践するのが基本的です。見落としがちな点を挙げてみました。参考にしてみてください。
フンの後始末は必ずしましょう
旅先でペットを散歩に連れて行った時のフンの後始末は必ずしましょう。これはペットを愛する人間の最低限のマナーです。
首輪などをつけて行動をコントロールしましょう
「うちのペットはしつけができているから」という過信は捨てましょう。環境が変わればペットもどのように行動するかは予測できないものです。コントロールができないと他のペットと喧嘩をしてしまったり、小さな子供にケガをさせてしまったりということもありえます。
ペットボトルの水と食器は持ち歩きましょう
散歩の途中でのどが渇いたからといって人間と同じ水飲み場で飲ませるのは衛生的に問題があります。空のペットボトルに水を汲むか事前に汲んでいつでも出せるようにしましょう。ペットの尿を洗い流すときにも使えます。
小さな洗面器を持っていきましょう
温泉地には必ずといっていいほど「足湯」があります。ペットは入れることができませんが、洗面器に温泉を分けてもらえればペットも一緒に足湯を楽しめます。
キャリーを使いましょう
旅先までの移動の際にはキャリーを使いましょう。ペットの安全確保と移動のしやすさが違ってきます。また、ペット同乗可能なレンタカーではキャリーに入れることが車の貸し出しの条件になっています(日本レンタカー)。
いつもの物を持って行きましょう
旅先で環境が変わるとペットはいくらかストレスを受けることと思います。そんな時にいつも使っているおもちゃや毛布などがあると安心です。
わからないことは事前に宿に問い合わせましょう
宿での食事や就寝場所、ペット専用の施設、散歩スポット、近所の動物病院のリストなど事前に聞いておくと旅行計画が立てやすくなると思います。存分にペットを楽しませてあげましょう。
FC2 managemented FC2 managemented FC2 managemented FC2 managemented FC2 managemented FC2 managemented FC2 managemented FC2 managemented FC2 managemented FC2 managemented FC2 managemented

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。